扱う疾患

泌尿器科で扱っている疾患などについて

泌尿器科は、腎臓・尿管・膀胱・尿道などの尿路系、精巣・睾丸・前立腺・精嚢・陰茎などの男性生殖器系、副腎などの内分泌系などの疾患に対する診療を行うところです。 この診療科の始まりは、腹部外科などの外科領域で、腎臓、泌尿器などの泌尿器系の分野を扱ったことです。 欧米では、現在でも泌尿器科学は外科学の一部として扱われることが多いです。 主に扱っている疾患は、泌尿器がん(腎・尿管・膀胱・前立腺・尿道・精巣・陰茎・後腹膜腫瘍)、生体腎移植、献腎移植、内分泌外科疾患、前立腺肥大症、尿失禁、間質性膀胱炎、過活動膀胱、尿路結石症、女性骨盤臓器脱などです。また、性病の疾患も扱っていて、幅広い分野の診療を行っています。

尿に関する泌尿器科の疾患について

泌尿器科では、尿に関する疾患を治療してくれます。 尿に血が混ざっている場合は、尿路感染症(膀胱炎、腎盂腎炎、前立腺炎など)、尿路結石症(腎結石、尿管結石など)、尿路上皮腫瘍(膀胱がん、腎盂尿管がんなど)、腎腫瘍(腎がんなど)などの疑いがあります。 尿がでにくい場合には、前立腺疾患(前立腺がんなど)、膀胱疾患(膀胱がんなど)、尿路結石症、尿道狭窄、尿道腫瘍などの疑いがあります。そのため、しっかりとした検査をする必要があります。 泌尿器科の検査は血液検査、画像検査(レントゲン、超音波、CT、MRI、尿道造影など)や膀胱鏡(膀胱の内視鏡検査)などで行います。早期発見することで症状を完治させることができるものが多いため、定期的に検査をすることが非常に重要です。